日本

製品情報

ヒストリー

一頭の盲導犬への愛情から始まったヒルズ

長年にわたりペットの健康と幸せな一生のため、最新の臨床栄養学をもとに研究を続け、優れたペットフードを提供してきたヒルズ ペット ニュートリション社。ヒルズのペットフード誕生の歴史は1939年に遡ります。初代米国動物病院協会の会長でもあった獣医師、マーク・モーリス博士のところに、フランクという盲目の青年が訪ねて来ました。彼は盲導犬協会設立の寄付を集めるために全国を行脚していたのですが、彼のパートナーである盲導犬バディーが深刻な腎疾患を患ってしまったのです。 博士は食事の改善による治療法を提唱。研究を重ね、慢性的な兆候の軽減と、症状の改善を助けるペットフードを開発しました。これをもとにさらに研究、改善を重ねて生まれたのが特別療法食「プリスクリプション・ダイエット」です。 この製品は、現在米国の獣医業界において高い信頼を獲得し、ペット医療の市場で大きなシェアを占めています。そして、1967年には培ってきた技術を基に健康な犬・猫のライフステージに合わせたフード「サイエンス・ダイエット」を開発しました。

フランク青年と盲導犬バディーフランク青年と盲導犬バディー

 

こうして、ヒルズはペットの臨床栄養学と健康管理において、世界のリーディングカンパニーとしての地位を不動のものにしました。私たちは、これに驕ることなく「ヒルズのビジョン」を設け、今と未来へのあるべき姿を掲げ、実現に向けて邁進しています。「人と動物との絆」を大切にするHAB(ヒューマン・アニマル・ボンド)運動をはじめ、様々なフィランソロピー活動を実践しています。これからもペットフードを通して、家族の一員であるペットの生命を見つめて参ります。

Dr. Mark L. Morris. Sr.

Dr. Mark L. Morris. Sr.

 

ペットの今と未来を切り開くリーディングカンパニーとしてのビジョン

一人の獣医師と一頭の盲導犬の出逢いから始まったヒルズ。「人とペットの深い絆を、より豊かにより永らえるよう、栄養に配慮したペットフードを提供する」というヒルズの企業使命は、フランク青年と彼の愛犬バディーに対するモーリス博士の献身的な努力から生まれたものだといえます。このモーリス博士の理念はヒルズの企業理念となり、世界中のヒルズでその使命は着々と遂行されています。また、私たちは「人とペットとの真の共生」をも見つめてきました。身近にペットという動物の存在があって初めて人は命の存在意義を認識することができます。また命の大切さを知り、命あるものへの優しさをもてるのも、私利私欲のないペットの存在あってのことです。現代社会においては、盲導犬をはじめ厳しい訓練をされた様々な使役犬が活躍しています。そんな人間の良きパートナーである、ペットたちの生きる環境を少しでも改善し、快適にしたいと願っています。そのためには製品開発だけでなく、小動物の臨床栄養学と健康管理の原則にそった正しい知識や技術などの啓蒙活動も私たちの使命であると考えています。昔も今も、そして未来も。マーク・モーリス博士の精神と理念を受け継ぎ、世界に拡げていきたい。これがペットの栄養と健康管理の世界のリーディングカンパニーである、ヒルズの存在理由にほかなりません。

ヒルズのプリスクリプション・ダイエット第一号製品 犬用 k/d

ヒルズのプリスクリプション・ダイエット第一号製品 犬用 k/d