日本

製品情報

CSR活動

企業の社会的責任に応えるCSR活動を推進しています。
21世紀の企業経営を担う上で、ヒルズではCSR活動を重要視しております。「企業の社会的責任」を果たしていくことが、 社会にとって存在意義のある企業としてヒルズが存続・発展し続ける道だと信じております。

企業の社会的責任に応えるCSR活動を推進しています。

21世紀の企業経営を担う上で、ヒルズではCSR活動を重要視しております。「企業の社会的責任」を果たしていくことが、社会にとって存在意義のある企業としてヒルズが存続・発展し続ける道だと信じております。

企業として公正な営業活動を継続・発展させるために

ヒルズでは、グローバル企業として公正な営業活動を継続・発展させていくために、監査法人による外部監査はもとより、コルゲート・パルモリーブ グループ内における内部監査を実施しております。米国のSOX法(サーベンス・オクスリー法)に基づいて、日本における企業活動もSOX法の基準を満たす内部監査を行い、グループ内統制の強化を図ることにより健全な企業経営を継続・発展できるよう努力しております。

ステークホルダーへの情報開示を心がけています

お客様をはじめ、ヒルズの企業活動を行う上で関わる方々に対し、その時の状況に応じて適切な情報開示をすることを心がけております。情報開示手段の一つとして、弊社のホームページを介し様々な製品・企業情報を発信しております。また、家族の一員であるペットのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を向上させるため、獣医師専用サイトでは、獣医師の先生方の医療をサポートする目的で、ヒルズが誇る獣医栄養学者が集結するヒルズ ペット ニュートリション センターで研究された最新の臨床栄養学情報を提供し続けています。

Best Place to Work

グローバルな視点から「人材こそが財産」であり、社内環境を大切にしてこそ質の高い企業経営が営まれるという理念から、世界規模での「Best Place to Work」が実施されています。公平な人事評価、相手を思いやるケアリング、個人の能力と意欲が最大限に発揮できるような人材育成プログラムが行われることによって、質の高い人材育成をすることができ、それが企業として質の高いサービスを提供し続けることにつながると信じております。

社会に貢献するために

人とペットの真の共生を考えるヒルズでは、"Hiill's Animal Welfare Policy"(ヒルズの動物福祉指針)を掲げ、それに基づいた活動を展開しています。
その精神が様々な動物愛護活動を陰で支える力となっています。また、地域社会への貢献の一環として、特別養護老人施設などへのアニマルセラピー活動支援の協力、文化面においては、動物愛護に基づいた児童の作文コンテスト、キャッチコピーコンテストなどへの協賛を行っております。