マンチカンの子猫の特徴

マンチカンの子猫の特徴 :
短い足の愛らしい猫

 マンチカンの子猫の特徴

マンチカン(Munchkin)は、短い四肢の持ち主で、まるで犬のダックスフンドやコーギーのような体型です。1990年代にアメリカで生まれた、突然変異の短い足の猫から作り出されました。

とても新しい猫種で、固定化されてから歴史が浅いため、TICA(The International Cat Association)には公式認定されていますが、CFA(Cat Fanciers’ Association)ではまだ未公認です。ただし、ちょこちょこと動き回るかわいらしい姿が多くの人を魅了し、マンチカンのファンシャーが世界的に増えているのは確かです。なお、足が短くても、ダックスフンドやコーギーに見られる椎間板ヘルニアなどの病気にかかるマンチカンは少ないです。

マンチカンの子猫の特徴 :
マンチカンの特徴

マンチカンは、3~4kgの比較的小型のサイズです。体格は、頑丈な骨格でふっくらと丸みを帯びたセミコビーですが、四肢が短いため、胴長の細長い体型に感じられます。 頭は丸みを帯びており、大きな三角耳と、少しだけつり上がったクルミ型の目とが相まって、マンチカンの子猫にあどけない表情をもたらしています。その姿とサイズから、マンチカンの子猫は、全体に愛らしい印象です。

マンチカンの子猫は、毛色も模様もさまざまで、毛の長さもショートヘアーとロングヘアーの2種類がいます。どちらもシルキーで豊かな毛並みをしており、ショートヘアーは週1回、ロングヘアーは週2回程度、コームで毛をとかす必要がありますが、お手入れが苦になる程ではありません。

足が短くても、マンチカンの子猫の運動能力は、ほかの猫種と変わりません。ただ、ジャンプして、ひとっ飛びで塀や本棚の上に飛び乗るのは苦手です。その代わり、段差を利用して、器用に飛び移ります。マンチカンの子猫は遊び好きで好奇心旺盛なので、十分に遊ばせてあげることが大切です。一緒に遊んであげてください。

監修 : 水越美奈 - 日本獣医生命科学大学獣医学部

ページの先頭へ