生まれたての子猫に必要な食事(母乳や子猫用ミルク)とは?

生まれたての子猫に必要な食事(母乳や子猫用ミルク)とは? :
生まれたての子猫は母乳で育つ

生まれたての子猫に必要な食事(母乳や子猫用ミルク)とは?

生まれたての子猫は、生後すぐに母乳を飲み始めます。母猫の初乳によって、子猫は適切な免疫力をつけるのです。保護した子猫の場合は、この初乳を飲んでいない可能性があり、免疫力が低い場合があります。早い段階で獣医師に子猫を連れていき、免疫力をつけるためのワクチン接種等が必要かどうかを相談しましょう。

一般に授乳期は、子猫の発育がめざましい時期です。母猫の様子を見ていると、子猫が欲しがるだけたっぷりと母乳を与えています。子猫が十分な栄養摂取をできているかどうかは、こまめに子猫の体重を測り、体重が順調に増えているかどうか、で判断できます。

なお母猫が健康でないと、栄養たっぷりの母乳は出ません。母乳による子猫の適切な栄養補給のためには、出産後の母猫の健康状態に気を配ることが大切です。この時期は、子猫と授乳期の母猫の健康を維持するための栄養素を含んでいる、幼猫・母猫用のフードを与えることをおすすめします。

生まれたての子猫に必要な食事(母乳や子猫用ミルク)とは? :
人工授乳が必要な子猫には

母乳が出ない母猫の場合や、保護した子猫には、人工授乳が必要です。生後3週目頃から離乳が始まりますので、それまでは市販の子猫用のミルクを与えましょう。人肌に温めて、子猫用の哺乳瓶に入れて飲ませます。ミルクの与え方に自信が無い時は、獣医師に相談してみましょう。

子猫が、市販の子猫用のミルクを飲まないからといって、牛乳を与えてはいけません。牛乳は子猫の栄養素として不十分なので、与えないようにしましょう。猫の母乳の方が、牛乳に比べてはるかに高栄養です。また牛乳が原因で、子猫が下痢を起こしてしまうこともあります。必ず子猫用ミルクを与えましょう。

ページの先頭へ