子猫が嘔吐をしてしまったときは?

子猫が嘔吐をしてしまったときは? :
嘔吐の状態や状況を観察

子猫が嘔吐をしてしまったときは?

子猫は基本的には、ほとんど嘔吐をしません。子猫の嘔吐が見られるときは、何らかの病気が疑われます。嘔吐を何度も繰り返したり、それが何日も続くようなときは、早急に動物病院を受診しましょう。

まず、嘔吐物をよく確認します。食べたフードがそのまま出ているのか、消化されて出ているのか、泡状や液状のもの、あるいは異物が混じっていないか、色は何色かなどをチェックし、可能であれば嘔吐物を持ってすみやかに動物病院へ連れて行きます。

動物病院では、嘔吐したのは食後どれくらい経ってからか、嘔吐した後の食欲はどうか、嘔吐の回数や間隔はどうか、といった子猫の嘔吐時の様子も併せて報告します。

なお、成猫はよく嘔吐して毛玉を吐き出しますが、子猫には毛玉が原因の嘔吐はほとんどありません。

子猫が嘔吐をしてしまったときは? :
嘔吐から疑われる病気とは

嘔吐がみられる病気で怖いのは、猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)です。感染するとまもなく元気がなくなり、発熱や下痢、脱水とともに嘔吐の症状が現れます。

嘔吐との区別がつきにくい症状として、咳があります。たいていは何も吐きませんが、ときには胃の内容物を吐き出すことがあるため、飼い主がつい誤って判断し、喘息などの呼吸器系の病気の発見が遅れることもあります。喘息の発作は突然起こりますが、呼吸困難を引き起こし、子猫を死に至らしめることもあります。安心できる咳と、安心できない咳がありますので、気になったらまずは獣医師に相談しましょう。

監修 : 水越美奈 - 日本獣医生命科学大学獣医学部

ページの先頭へ