子猫のお留守番について

子猫のお留守番について :
安全で快適なお留守番を

子猫のお留守番について

生後2~3カ月の子猫は、1日何回かに分けて食事をとらなくてならないこともあり、お留守番をさせるのは難しいです。どうしてもやむを得ないときは、最善の方法について、獣医師に相談しましょう。

子猫も生後6カ月を過ぎたら、ある程度はお留守番ができるようになります。猫は不安を強く感じやすい動物です。知らない場所へ連れて行かれるよりは、なじんでいる自分の家の中でお留守番する方が安心できます。ペットホテルに預けるよりも、ペットシッターや知人に来てもらって、ごはんやトイレの世話をお願いするのが、愛猫にとっては負担が少なくて済むでしょう。

子猫も成猫も、お留守番中は安全で快適に過ごせる環境を整えてあげましょう。猫のお留守番で注意したいのは、室温管理。とくに夏は空調がないと、閉めきった部屋が蒸し風呂状態になり、お留守番中の猫が危険にさらされてしまいます。冬は逆に、保温器など暖かい寝場所を用意します。

お留守番中の猫が事故を起こさないための安全策も必要です。水を張ったトイレや浴槽はフタをしたり、扉を閉めて近づけないようにします。落ちたら危ないものは棚の上などから外し、薬品類はきちんとしまいます。とくに、遊び好きの子猫はお留守番中にゴミ箱の中身で遊ぶことがありますから、ゴミ箱も開かないようにするなど工夫を施しましょう。

子猫のお留守番について :
お留守番のときに用意するもの

お留守番中は、猫がいつでも新鮮な水を飲めるように、十分な量の飲み水を置いておきましょう。循環式タイプの給水機を利用するのも良いでしょう。

お留守番中の置きフードには、傷みにくいドライフードが便利です。十分な量を用意するのはもちろん、複数の器に分けて、フードを置いてあげるのも良いでしょう。逆に、ウェットフードは傷んでしまう恐れがあるので禁物です。

猫はきれい好きなので、汚れたトイレが嫌いです。猫がお留守番中にトイレを我慢して便秘や膀胱炎を引き起こしたり、トイレ以外の場所で用を足さないように、長いお留守番の際はトイレを複数置くようにします。

また、お留守番中の猫を退屈させないためには、お気に入りのオモチャを用意しておくことも大切です。ただし事故の可能性があるものは避けるべきでしょう。

監修 : 水越美奈 - 日本獣医生命科学大学獣医学部

ページの先頭へ